荘銀タクト鶴岡連携事業・特別展覧会
高野山金剛峯寺襖絵完成記念 千住博展 ―日本の美を極め、世界の美を拓く―

開催要項
会期2018(平成30)年 8月10日(金) ~ 8月26日(日)
休館日8月20日(月)
開場時間9:00~17:30/毎週金・土曜日:9:00~18:30 ※入場は閉場の30分前まで
観覧料一般800(640)円/高大生600(480)円/中学生以下無料 ※( )内は20名以上の団体料金
内容

2018年3月にオープンした荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)との連携事業として、その緞帳原画を手がけた世界的日本画家、千住博の新作襖絵と画業を展望する大規模個展を開催します。

平安時代のはじめに弘法大師空海 によって開かれた日本仏教の聖地、高野山金剛峯寺。開山1200年を迎えた2015(平成27)年、長らく白襖となっていた茶の間と囲炉裏の間に、千住博が新作襖絵を奉納することとなりました。本展では、その奉納襖絵完成記念として全国を巡回し、総延長17メートルの襖絵《断崖図》と、25メートルの襖絵《瀧図》という44枚の奉納襖絵をお披露目します。また、2015(平成27)年にヴェネツッィア・ビエンナーレで展示された《龍神Ⅰ・Ⅱ》や、1970年代以降の多岐にわたる作品も併せて紹介し、画業40年に及ぶ「千住博の世界観」と画業の集大成を展覧いたします。

関連企画
  • 荘銀タクト鶴岡連携事業・千住博展開幕記念
    「水神」コンサート
  • 内容鶴岡アートフォーラムで8月10日から開幕する荘銀タクト鶴岡連携事業・特別展覧会「高野山金剛峯寺襖絵完成記念 千住博展」に先駆けて、千住博画伯が原画を制作した荘銀タクト鶴岡の緞帳「水神」の前でコンサートを開催します。
    日時8月2日(木)
    13:30開場 14:00開演 1時間半程度
    会場荘銀タクト鶴岡(山形県鶴岡市馬場町11-61) 大ホール
    出演山形県立鶴岡中央高校天魄太鼓部
    津軽三絃秀栄会会主 木田林秀栄
    瀬﨑明日香
    演目
    • 太鼓
      「挑」「三宅」ほか
    • 津軽三味線
      開(オリジナル曲)、蘭(オリジナル曲)、津軽じょんから節ほか
    • ヴァイオリン
      J. S. バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番より シャコンヌ」
      N.パガニーニ「奇想曲 第24番」
    チケット(展覧会観覧券付き)一般2,000円、高校生以上の学生1,000円、中学生以下は無料(要チケット)
    申込7月5日(木)から鶴岡アートフォーラム受付にて(休館日を除く)
  • 千住博展&緞帳見学ツアー
  • 内容展覧会を鑑賞し、あわせて荘銀タクト鶴岡の緞帳を見学します。
    日時8月14日(火)、23日(木) 14:00~15:00
    費用無料 ※ただし、入場には観覧券が必要です。
    申込不要 ※ギャラリーへ直接お越しください。
  • ギャラリー・トーク
  • 内容当館学芸員が会場を案内し、作品解説を行います。
    日時8月12日(日)、19日(日) 14:00~15:00
    費用無料 ※ただし、入場には観覧券が必要です。
    申込不要 ※ギャラリーへ直接お越しください。
主催鶴岡アートフォーラム/鶴岡市教育委員会/NHKプラネット東北
特別協力高野山金剛峯寺/軽井沢千住博美術館
制作協力NHKプロモーション
協力アート・コンサルティング・ファーム
後援山形県/朝日新聞山形総局/河北新報社/荘内日報社/毎日新聞山形支局/山形新聞・山形放送/読売新聞山形支局/さくらんぼテレビ/テレビユー山形/山形テレビ/エフエム山形