鶴岡市所蔵作品 常設展示コーナー

鶴岡アートフォーラムでは、ギャラリー1階の一角に「常設展示コーナー」を設置しています。

鶴岡市には1200点以上の美術作品が所蔵されており、市役所や学校などの公共施設に展示・保管されています。
それらの作品を鑑賞していただくため、常設展示コーナーでは年4回に分けてさまざまな作品を紹介しています。

お気軽にお立ち寄りください。
常設展示コーナー
平成29年度 春の展示
4月6日(木) ~ 6月29日(木) 9:00~17:30

平成29年度春の展示のテーマは「鳥とおんな、植物」です。女性や草花とともに描かれた愛らしい鳥たちの作品を紹介しています。

伊藤喜久井の《春》と尾形美和の《ひととき》、今井繁三郎の《飛翔》は女性像の中に鳥が登場する作品です。伊藤と尾形の作品は愛玩鳥が手にとまる姿が、穏やかさや安らぎを感じさせます。一方、今井は空に羽ばたく鳥の姿を、女性の後ろにまるで模様のように描き込みました。また、金子八畝の《紅芙蓉》と太田大仙子の《きゅうり畑・チャボ》は、動物と植物を題材とする伝統的な「花鳥画」です。どちらの作品もひたむきに咲く花と、その周囲で戯れる鳥たちの無邪気な姿が生き生きと表されています。

その他、今井繁三郎の《陽だまり》、尾形美和の《ある日の卓上》、を加えた、計7点の作品を展示しています。

作品リスト
作家名作品名制作年素材・技法寸法(h.×w.)
伊藤 喜久井《春》昭和58(1983)年紙本着色162.1cm×130.3cm
今井 繁三郎《陽だまり》昭和41(1966)年キャンバスに油彩41.0cm×32.5cm
今井 繁三郎《飛翔》平成8(1996)年キャンバスに油彩52.5cm×45.0cm
太田 大仙子《きゅうり畑・チャボ》制作年不詳紙本着色177.0cm×267.0cm
尾形 美和《ある日の卓上》制作年不詳キャンバスに油彩45.5cm×37.9cm
尾形 美和《ひととき》平成元(1989)年キャンバスに油彩162.1cm×130.3cm
金子 八畝《紅芙蓉》昭和56(1981)年麻布に岩絵具97.0cm×130.3cm
三井 永一《鳥の木》平成10(1998)年リトグラフ・手彩色・紙53.0cm×35.0cm
常設展示コーナー館内図
展示場所 1階ギャラリー内 常設展示コーナー
開場時間 9:00~17:30
観覧料 無料
会期 春の展示 4月 6日(木) ~ 6月29日(木)
夏の展示 7月 1日(土) ~ 10月 1日(日)
秋の展示10月 4日(水) ~ 12月28日(木)
冬の展示平成30年 1月 5日(金) ~ 3月25日(日)
常設展示コーナー アーカイブス